fc2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

Glowing Red on the shore of Penida (後篇)

Posted by 5℃ on   2 comments   0 trackback

前回記事の続きです。

未読の方はこちらからどうぞ。
Glowing Red on the shore of Penida (前篇)
Glowing Red on the shore of Penida (中篇)

続きは下から。



2日目:宿~シュノーケリングポイント(Crystal Bay)



ぐっすり眠った次の日の朝焼け。




昨日と打って変わって晴れに恵まれ、アグン山がきれいに見えます。





この日はまずCrystarl Bayに行って午前中ぶらぶら、午後の船までの間にBroken Beach/Angel's Billabongを攻略するという予定でした。


こちらがCrystal Bay。


青々とした空と海、晴れた南の島は本当に楽園と呼ぶにふさわしいですね。

ここではシュノーケリングが楽しめます。
マンタを見に行くか、水中仏像を見に行くかで選べるのですが、我々はマンタを選択。


船で15分ほどかけてスポットへ。


残念ながら写真はないのですが、5,6匹のマンタに囲まれながら荒れ狂う波の中をシュノーケリングしてきました。

初めて見たのですが、

マンタでっけぇ


子供一人くらいゆうに飲み込めてしまいそうな空洞があるのですが、あれは果たして口腔なのだろうか。
※やはり口だそうです。

あれほどのサイズの海洋生物を見たことがないので、正直なところ恐怖感がものすごかったのですが、マンタは非常におとなしい生き物のため手が触れても足が触れてもまったく気にしません。

海の神秘でした。




Crystal Bay~Broken Beach/Angel's Billabong



ここからがペニダ島冒険のハイライト、Broken Beachへ向かいます。


何がすごいって、あまり観光地として整備されている場所ではないので、ほとんど自然のままです。
道路も全然整備されていないので、かなりオフロードの坂や泥道を汚れながら突き進みます。

道中、こんな大自然も目の当たりに。






そしてこれが本日のメイン、Broken Beachです。




まさに秘境と呼ぶにふさわしい、唯一無二の天然造形。

あまりの感動に呆けてました。






人生で見てきた景色の中でも、最も雄大で最も感動的なシーンのひとつでした。


ぐるっと回って、トンネル側へ。

島側から見るとすごい細くなってるのかと思いきや、海側の崖までそれなりに太い道になっています。





雄大な自然、広大な海。


この辺、実は人が住んでいたりして、世界の広さというか、人間の生活というもののいろんな側面を考えさせられました。


そこから坂を下って、天使の水たまりと呼ばれるスポットへ。



干潮時と満潮時の差分なのか、かなり波に削られており独特の形状のが辺り一帯に見えます。





そしてこれがAngel's Billabong、天使の水たまりです。








満潮時には完全に沈んでしまいますが、潮が引いて高台になっているこの谷部分に水が残ることで、天然の無限プールとなるのです。

水底に短く生えた藻が光を反射してきれいな緑色に移ります。
岩と海とプールがきれいなコントラストになり、非常に美しい情景を作り上げています。

しばしこの天然プールではしゃいでから、午後の船で帰るべく、宿~港へと戻りましたとさ。




今回の旅の全容はこのような感じですが、ペニダ島の美しさは伝わりますでしょうか。


自由に旅をして楽しむことがおそらく一番ペニダ島を楽しめる方法だと思いますが、そのために次の点が割と重要。

〇原付を自分で借りて、運転すること
〇雨降り、泥道、かなりの冒険のため荷物はバックパックで動きやすくすべし
〇きれいな服は着ていかない、汚れてもよい運動着でどうぞ
〇移動は長旅、体力を使うことを覚悟すべし

冒険とはいっても未開の地ではありません。

そこここに村々はありますし、ガソリンも(手売りですが)ちゃんと売ってます。

とはいえそれなりにラフな旅になること請け合いですので、ぜひとも「冒険する」つもりで行ってみるとよいと思います。





ジャカルタにいる間に、いろんな島々に行ってみたいなと思う今日この頃です。


なかなかない機会、人生を豊かにするつもりでいろいろ動いてみたいと思います。



それではまた。


関連記事
スポンサーサイト



Comment

の says... ""
おつかれさま~
写真が2枚と地図しか見れないけど、私だけかしら?レンボンガン島で、自転車乗って爆走した記憶があるな~
げんき〜?
2017.04.29 04:10 | URL | #- [edit]
ごどはんど says... "Re: タイトルなし"
多分それは君だけだなw
ネット環境かなんなのか。見られそうなら頑張って見てみて!

レンボンガン行ったのかー、あそこダイビングスポットやしね。

元気にしてまっせー
2017.05.03 11:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://niruvana41.blog36.fc2.com/tb.php/541-24a482cd