FC2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

6秒後の記憶

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback

こんばんは。




いつもどおり憂いの残る休日の夜でございます。





先日、社会人1年目の最終レビュー会プレゼンが終了し、来週月曜日から新たに新卒が入社してきます。





僕の人生に一度しかない新卒の一年目という時間は、儚くも終わりを迎えることとなります。




この一年、大きく跳べただろうか。


何か成長しただろうか。



何か変われただろうか。





毎度のことながら、激動の日々だったし、人生でも3本指に入るくらい傷つくこともあった。


これから先、まだまだ長く、やりたいこともたくさんある。


それのきっかけとなる大事な一年だったと、のちの人生で語れたらいいな、と思います。


負けず嫌いなもので、人と比べてしまうとこともなかなかやめられず。


結果、この一年頑張ったという反面、自分が甘かった、もったいないなどと思ってしまう部分もあるわけで。


次の一年に生かせるように。




とりあえずは一年、あっという間でした。








とっても切なくなってしまいました。




悪いことではないのだけれど。




もともとあった選択肢のうち、選べなかった側をもったいないと思ってしまうこの気持ち。



その他もろもろ、ノイズになる気持ちが積み重なって、今の状況選択をないがしろにしかけています。



一度両方を選んでから再度選び直せたらいいのに、と思いつつも、きっとそんなやりなおしのきく人生ばかりでは面白くないんだろうなぁとも思う次第です。



いままでもさんざんあったけれど、むずむずうずうずします。



卒業の時も確かこんな感じだったかな。提示されたものに対して、未来を描いたけれども選択肢は手渡してはくれなかったあの頃の状況。




僕の今の心情は、僕の中にある二つの極端な姿を受容してくれる場所が2つにわかれている状態です。



どちらも一般的には相反するものだから、なかなかひとところで受容されることはなく。



いままでもそうだったし、きっとこれからもそうだし、たぶん普通そういうもんなんだろうなぁ。



結局、ないものねだりなのかもしれないね、ということと

道がないと焦るけれども、たくさんあっても結局焦る、というお話。



今日はそんなところ。




曲。



キュウソネコカミ。


サブカル女子、という曲です。



5人組で、関西大学で2010年?に結成されたバンドですね。



歌詞に深みなんか一切かんけーねーというくらいストレートかつ的確にサブカル系女子たちをディスっております。



5人組ならたぶんCDと同じアンサンブルでライブできるんだろうなーとか思って聴いてました。



これだけだといわゆるぶっとびかつ青春系に走っていく感じがするのですが、ほかの曲を聴かないと何ともコメントのしようはありません。


ひとまず、あほになりたいときには聴きます。



ではまた。













関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://niruvana41.blog36.fc2.com/tb.php/488-1ff5a460