fc2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

結果の第三者が語ること

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback

こんばんは。



ちっちゃな過渡期を迎えた今日この頃。





選択肢の一つではあったけれど、あんなに簡単に物事が動くかと思うと、面白いもの。




思い返してみればぼくがほんのちょっと踏み込んだだけなんですけれどね。





面白い。







代理店、という立場の功罪を身をもって感じる一年目。


まだこの会社でよかったと思うことがたくさんある半面、つまりはビジネスと本質のお話に立ち戻る。



メディアサイドとバイイングサイドが違うように、やはり中間に位置するエージェンシーという存在はまた異質にならざるを得ないのです。僕は自分の会社がいい会社であるといえる理由は、その異質さをできる限り本質に近づけようとするからだけれど、結局器が違うので全く一緒にはならないものです。

どういったものに重きを置きたいか、自身の中には何かしら持っていたほうがいい気もします。


それは要請されるものや、必要とされるものとはまた別です。

より時代は広告主に、自らのプレゼンスを高めることを要求するし、結果最大効率と成果を求めればそうなるんだけれど、そこまでの投資をするには体力と時間がいるというお話。


興味深い世界だね。




テクノロジーと感情と、面白いです。


さて、今日はそんなとこで。



では、また。
関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://niruvana41.blog36.fc2.com/tb.php/487-f93e0257