FC2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

lively rumbling in a library

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback



こんばんは。



絶え間なく。とめどなく。



いつもどおりです。



何かを変えるために、何か書き方を変えてみようかとは思っています。



以前から何度も試みて失敗しているんですけれどね。



短くとも書き続けるとか。



必ず一つ記事形式で上げるとか。





難しいものです。



でも、この業界に入ったし、ブログが必ずしも無駄ではない(というか場合によってはものすごく有益)ところではあるし、業界知識の深耕という意味でも何かしらしようかなとは考えています。





意味のあるものを、と気負うと方向性を見失うし。



とはいえ無為に過ごしたところで望んだものが手に入ることってあまりなく。



僕の同期が以前、「頑張らない、けどあきらめない」的なことを言っていて、僕のスタンスとしても共感するところがあり、結構好きな言葉です。

僕はものすごい頑張りながらそんな言葉を吐き捨てる彼女が大好きで、いろいろ学ばせていただいているところです。


とかく、「人の評価を気にしてはいけない」という人の評価のもと生きるのはつらいものです。




浅いレベルではなく、本当の意味でそういうことを体現できると心は辛くないのですが、なかなかこの世はパラドックスに満ちているので。





自尊心は絶え間なく摩耗し、でもボケた顔して夜明けを迎えるわけです。


睡眠時間6時間以外はほぼすべて会社という中、それでも楽しめる自分がいるのは素敵なこと。



地獄を天国と勘違いするでなく、妄想するでなく、逃避するでもなく


地獄を地獄と認識しつつ、いかに生き抜くかを考えられる人間でありたいです。



はい、独り言。



なにするかは次回以降考えます。




頻度は上げたい。



仕事から離れて思考を整理するという意味でも。



さて、曲。




ただいまツアーまっ最中のPeople in the box、彼らは今回サポートギターを連れております。

その彼が所属するのがハイスイノナサ。


非常に美しく、計算され・なお感覚的に研ぎ澄まされた音楽を奏でるバンド。



ほとんど聴いたことがないのですが、数曲だけで僕は引き込まれました。

今回お届けするのは「地下鉄の動態」。

my favoriteの洗練された旋律です。

静的な美しさを理解しているバンド、だと思います。

大西さんの素晴らしい映像先品にも注目。


ぜひご一聴を。




ではまた。








関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://niruvana41.blog36.fc2.com/tb.php/485-a27aeea6