fc2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

妄想の「今」は

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback



こんばんは。




直感的に一年を終えようとしております。



年末どうせばたばたして書かないんだろーなーと思いつつ、今さらっと更新。




だからと言って特段書くつもりもなく。垂れ流しで。










ぼけーっと見ていた映画で「乱暴と待機」というのがある。



ぼけっとしている休み時にさらっと目に入る映画を流れで見ることが出来るのはwowowの利点。



タイトルでなんとなく予感はしていたんですが、原作劇作家の方が「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の方。


まあヒロインがどことなく好みだったので見ただけの映画ですが、意外と惹かれる部分もありました。



なんか原作のイカレ具合がいい感じです。妙な空気をはらんでいて、独特でした。



そしてついさっきサマーウォーズを見ました。



批判の争点になる部分がものすごくわかりやすいぶっ飛び展開、なんかテイストがいい感じなだけにもっといい作品に出来た、というかテレビシリーズにすべきだった。とりあえず雰囲気だけは「夏の日のリア充爆発」ということでいいんじゃなかろうか。




何が言いたいかって言うと、こうやって全然意図していないときに素敵な映画を発見できたり、なんとなく見たかったけど行動には移していなかった映画を見たり、ライブや知らないジャズ聴けたり、ドラマ見れたり、スポーツ見れたり、ドキュメンタリー見れたり、BSおよびWOWOWは最高だということです。








理性は人の中枢では有り得ないし、合理性は何も救わない。


さんざ合理的で論理的な流れでもって会話をする僕の、哲学のひとつです。


「良心は生存適応の結果発生したもの」

「良心という言葉を使うからいかがわしくなる」

「性悪説を語るのなら、進化の論理は真逆を指し示す」


ゲーム理論の初期段階、複雑性を獲得する前は利己判断は発生しえるけれども、事象を重ね続けて状況が充分に複雑になってからは、適者生存に利他的行動がトータルバランスとして組み込まれてくる。

利己行動との間に生命的なレベルで「コスト差」が生じるから。


色々わかんないこと言ってますが、割と面白いアイデア。言語学的な話からこういう話が出るとは。


今読んでいる小説が僕に語りかけてくる面白い妄想たちです。








さて、曲。



ひっさびさにカオスなのを貼りますよ。



バンドもカオス。歌もカオス、PVもカオス。歌詞もカオス。


狂っとる。しかし天才だと言わざるを得ない。


こんな音楽性を持ちたいとは思わないし、こんな音楽が作りたいとも思わないけど、リスナーとしてこんな音楽が在ってほしいとは思う。


最初のギターフレーズに歌をのせていくのもすごいけど、歌い方もメロディもとにかく不気味で怖い。



タイトルとのマッチ感がすごい。



とにかく一度お聞きください。



PVと一緒に。



絶対某和製ホラー映画を思い出しますので。



ぜひご一聴を。


八十八ヶ所巡礼で、仏滅トリシュナーという曲です。




ではまた。来年にでも。よいお年を。




よく嗤う君の妄想気味で 凶暴な趣味を知った
渦巻状の無限ミネラルを 押し付けることって
酔っ払い 取っ払い 掻っ攫ううちにわかる
呆気なく 容赦なく 酔っ払い主義を叩き込む此岸




関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://niruvana41.blog36.fc2.com/tb.php/452-85c0a84c