fc2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

瞑想による迷走

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback

しばらく。




こんばんは。




なかなかの放置っぷりでした。



考えたことを一言ツイッターにつぶやくほうが簡単なもので、文量があると次第に細部から消えていくという。





近況報告含め淡々と。








内定者合宿終了。無事内定証書をいただきました。




一泊二日と短い合宿でしたが、感じるところはそれなりに。自分の一面として考える部分も多くあります。


徹夜でした。



もうなかば徹夜「しなきゃいけない」風潮が出来始めているのも否めませんが、まじめに取り組むならどちらにしろ寝ている暇はありませんので、結局徹夜ですね。



みんな考え方はそれぞれ。



価値観や意見をぶつけ合うときは、それが結局論理性の齟齬なのか、価値観の齟齬なのか、設定条件の齟齬なのかが非常に分りづらい。



だから意見の分かれやすい微妙に揺らぎのあるテーマでもってこそ合宿等での議題とするにふさわしいのかもしれません。




僕は割りとドライなのか、みんなの合宿における感想を聞いていてもそれぞれ色々違いがあるものだなぁと思います。


多分内側で沸々と闘志を燃やすタイプです。うん。


赤ではなくて青い炎です。



泣く人もいるんですね。



内定者の間ですでにネタキャラ扱いされ始めております。


先輩社員からもバーベキューのとき僕だけ瓶ビール丸ごと渡され、乾杯のときも元気良く瓶で挨拶回りする始末。そして瓶のままあおります。


幾度と行われた自己紹介のたびになんとなく「ひねくれモノ」を自称していたのですが、そんなにひねくれてません。


皆さん一体何を想像されていたのでしょうか。そんなにひねていたらそもそも面接通っていないと思われます。



そのギャップで「意外と素直で良い子」を目指します。



まあ結果のネタキャラなわけですが。



家帰ってソファに寝そべって、気付いたら5時間たっていたというくらい熟睡しました。



取締役の方や先輩社員の方々といろんなお話を出来たのは貴重な体験でしたね。


ああいう機会をこれからも逃さずに大事にしていきたいと思います。






バイト先で子供連れのお客様を良く見ます。



気付くのは、昨今の若いお母様方お父様方は本当に口が悪い。


叱り方、というか、叱る事と怒る事の違いが分ってらっしゃらないのではないのか。



「てめぇ、やめろっつってんだろ!」



どこのヤンキーですかあなたは。


その台詞は、他者に対して嫌悪の感情をぶつけるときに用いるもの。そして恫喝するときのものです。


子供の教育やら、その子の未来が心配だ云々こまごました至極一般的なことが頭を駆け巡るものですが、特に口に出すほどのことも無い。



ただただ哀しくなったのは覚えています。


そういう母親父親について、ある方面の方々は「子育ての大変さ」や僕個人の「子育て経験の欠如」を挙げて、ある種擁護の発言をされるでしょう。


そうして子供が淡々と育てば、それはそれとして「なんだかんだ立派に親をやっている」と。



僕から言わせれば、「餌をやっておけばなんでも育つ」んですよ。


そういう意味で、帰る家を持ち、日々の食事を過不足無く与えられるならば親をやっていると言って良いと思います。

大少如何に関わらず代わりに責任を取るならば保護者とも呼べるでしょう。


でも真の意味で育てているとは思わない。

誰のおかげで成長できたんだとなればこの場合は「ご飯のおかげ」という身も蓋もなく、なんなら答えにすらなってない一言がむしろ正しく響くでしょう。


僕が口出しすることではなし、実際具体的な案件に口出しはしません。


もし口を出すことがあっても、お為ごかしにならないよう、あくまで「僕個人の不快感」を理由に苦言を呈する形になるでしょう。


偽善という以上にぴったりの言葉があったはずですが忘れてしまいました。あえて言うなら綺麗事、かな。


綺麗事は嫌いじゃないけれど、この手の話で持ち出す気にはなれないね。









仕事が始まるにあたり、少しずつ考えることも変化し、合宿を機に量も増えました。


住む場所に関しても、最初は通勤でも良いかと思っていたのですが、先輩社員から軒並み「きついよ」と言われ再考中。


最初は間違いなく自宅通勤になりそうですが、目処が立った時点で都内もしくはベッドタウンへ引っ越そうかと思います。


安いところないだろうか。



勤務地は○○山王です。


社員の人やその周りの方々にはあまりブログを知られないほうが良いなぁと考え始めた今日この頃。







今年もクリスマス中止のお知らせ委員会を発足しようかと考え中。



どなたか優しい方、僕をお誘いください。



おそらく「バイトだから」と言って断りますが。



いや、もう有無を言わさず働かざるを得ない空気。


何なら年末年始も働けっていう空気。



どうにもならんね。



まあシーズン商売だから仕方なし。




なんか面白いネタでも教えてくださると今年の中止委員会は盛り上がるんですけれどね。



多分疲れていて更新自体しない恐れが結構な確率でありますが。




なんのこっちゃね。





ああそうそう、ツイッターをそこそこちゃんと使い出したので、やってる方お教えくださいな。あれはあれで面白いかもと思い始めてます。


これからの仕事柄、いろんなメディアネットワークサービスに触れることはプラスでしょうな。









打っても響くとは限らない、それが思惑ってモノですな。


なんと思っていらっしゃるのやら。僕には皆目見当も付きませぬ。


猫のように気まぐれにその顔を見せますが、意図を探る間もなく消えてゆき。


その真意は結局測り損ねてます。


期待も諦観も特別な感情ではありませんね。


意外性っていう意味では、学んでから一年と経っていない訳で。


あなたは何を考えてらっしゃるんでしょーか。


とまあ、誰に向けたでもないメッセージ。



さて、曲。


まさかとは思いましたがgrapevineを貼ったことがなかった。




ということでGRAPEVINEの名曲、Breakthroughを。


当時はこの奇妙なうねりを特別気にせず気に入っていましたが、今聞いてみるとなんとも言えない妙なメロディセンスをお持ちです。




ぜひご一聴を。




ではまた。






ハダカの俺はたかがこんなもんだって 誰にも言えやしねえな
ひたすら そう 駆けずり回って
あなたにいつも近づきたくて

足りねえぞ あの上には何があるんだ
笑えんぞ 笑えるのは今だけ
Jim Morrison? この痛みはキリがないんだ
ただの理想で越えていけ

アイデアのスウィートソウルが嘘みたいに鳴ってて
俺は横目で見ていた
時間はスロウ 死ぬほどあって
あなたにいつも近づけなくって

ヤラれるぞ 右左を見りゃわかるさ
「枯れねぇ」と 枯れてから言うやつばっか
バロメータ この怒りはハッタリじゃないんだ
腹の底で燃えてるぜ

足りねえぞ あの上には何があるんだ
危ねえぞ 笑えるのはお前だけ
Jim Morrison? この痛みは計り知れねえんだ
ただの理想で越えていけ




関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://niruvana41.blog36.fc2.com/tb.php/447-8c2a42d3