FC2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

modular

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback

こんにちは。



振り返ってみると、もう8年もこのブログを続けていることになります。
大学入学1年目からですか。
何気なく振り返ってみて、過去の自分の文章を読み返してみたのです。

当時考えていたことや思っていたことなど頭の中身の話から、言葉遣いや表現技法などスキル面の話まで、非常にいろいろと思うところがありますね。
明らかな変遷が見て取れますし、どのタイミングで変わったかも割とわかりやすく文章に反映されていて、まさしく自分自身を客観的に見られるのでおもしろいものです。


今見て思うのは、やはり若さというのはあるものだな、ということ。
幼さといってもいいし、思慮の足りなさといってもいい。
時間の経過と、それに見合うだけの経験値は、人をそれなりに成熟させるのだなと感じています。

誰よりも自分自身のことだから、当時どんな思いでその言葉を綴っていたのかははっきりと理解できるのです。
それをもって、今の自分からみて明らかな変化を感じられるというのは言葉に表しがたい感覚です。

正直に言うと過去の2~3年分は恥ずかしすぎて人様に見せられるようなものでもなく、それゆえひそかに限定公開にしていたりするのです。
その後の文章が恥ずかしくないかというとそういうわけでもないですが、そこは一部耐えうる領域と判断しています。


それでも過去の自分の文章を今の自分で書き換えてしまおうと思ったことは一度もありません。

この記録は非常に貴重なものだと僕個人は感じているのです。

連綿と続いてきた、一人の人間の独白。
青年から大人といっていい年齢になるまで積み重ねてきた変化の記録。
僕という人間を客観的に観察するのに非常に有用な記憶だと思うのです。

最近、己を知るためには自分に向き合っていてはいけないんだなということに気づかされます。
人は鏡だ、とよく言うのですが、この世に自分一人しかいなかったらきっと僕は僕を定義できないのです。

人間そのものが、外界との差分で自己を認識しているからでしょう。

さまざまな人との出会い、会話、ふれあいすべてが、僕がどんな人間かを語ってくれていると感じるようになりました。
その意味で、ここにある「誰かとの出会いの記録」は得難いものですし、このブログ自体に存在する「過去の自分」は、僕にとって鏡であり続けると思っています。


そんな独り言。


アイディアは突然やってくるものですからね。


ではまた。


関連記事
スポンサーサイト