FC2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

インディゴ地平線

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback


おこんばんは。


引き続き全力疾走とまではいかないものの、ガス欠を起こさないように、高めのテンションを保ちながらも自由に生きております。


ここジャカルタは現在ラマダン(断食月)となっております。

イスラム教徒は、日の出る間は基本的にすべての飲食を絶ちます。

また、戒律的にもとより酒はご法度ですが、この時期はさらに厳しくなり外国人向けにも昼間はお酒を出さなくなります。

夜になると出るんですが、場所によっては隠しながら出す習慣があるので、湯飲みやティーカップで出てきたりします。

ラマダン時期のレアな光景です。




最近また出張に行く機会があり、再びマニラに行ってまいりました。

日本にいるときに比べて格段にクロスボーダーな働き方になっており、案件はアジアをまたがって広がっています。
ビジネス的にも様々な規模感の様々な成長を見る機会に恵まれており、1~2年前とは少しずつ考え方も変わっているのかなという気がしております。

いろんなプロジェクトも動いていて、そういったところに自分が関われる今に対してはっきり自覚を持っていたいところ。




最近よく本質論みたいなものを考えるようになりました。

過去に抱えていた想いはどんなカテゴライズができて、それらはどんなふうに共通していて、つまり自分はどんな人間なんだろうというような類のものです。

どんな人生を幸せとして歩めるんだろうか、という問いに対して理屈っぽいアプローチではあります。

僕は直感や感覚を言語化するということには意味があると思っています。

それが「正しい理解」に必要だとは特別思いませんが、その行いはより「鮮明な理解」につながっているものです。

僕自身がここ数年ブラさずに掲げている(座右の銘的な)ものは、

「情熱を持てる幸せ」
「本気って楽しい」

です。

これは様々な過去の体験と、想いの変遷をまとめたとき、最大公約数的に残ったキーポイントです。

自分の幸せは、熱量に関わっていて、本当に楽しいものはいつだって本気だったときに持っていたものでした。

これは振り返って、言語化してみて、鮮明になってきたものです。


例えばある音楽を聴いていて「かっこいい」と思ったり、「彼らみたいになりたい」と思ったり

安っぽいドラマの主人公に憧れてみたり

小説や漫画のストーリーに影響されてみたり

その時々で幸せだったり楽しみだったり希望を持った瞬間を洗ってみると、必ずしもその「形」に僕自身の憧れが完全に投影されていたわけではないんだなと気づいたのです。

当時はもちろん気づけていなかったですし、その分形に拘っていた気もします。
(当時は形に憧れが投影されていて、時間がたつにつれ考えが変わった・今の考え方を正当化しようとしている可能性もゼロではないですが)


その時々で抱えていた想いは、本気であることのカッコよさ、情熱を持って進むことの尊さ、信念を持って闘うことの偉大さみたいなものに集約されていて、自分もそんな風になりたいと思ったからこその感動だったんだと思います。


それが僕にとって色濃く出ていたのは高校サッカーであったし、その感動が原点となっています。


人は何を為すかではなく、為そうとするのか否かで語られる。


人は自分の意志に基づいて行動した時にのみ価値を発揮するとはどこぞのアニメでラスボスが吐くセリフですが、正鵠を射ていると思います。


憧れというのは、自分の心の中にある感動の原点を土台にしてデザインされ得るものなのだろうと考えた今日この頃でした。


そんなこんなで、僕は好きなことにどんどん本気になります。
情熱を持って事にあたります。

それがきっとどんなことも楽しくしてくれると信じています。



初めに好きになれなかったものですら、きっと夢中になれる要素を持っていると思うんです。
だってそれはきっと今まで一度も見たことがないことのはずだから。


「夢中になれるモノが いつか君をすげぇ奴にするんだ」

某超有名ソングの一節、幼少のころより死ぬほど耳にしたラインですが、これほど真実だと思うこともそうはないですね。





ラマダンが明ける7月頭より、断食明けの大祭、レバラン休暇が始まります。

イスラム国家であるインドネシアでは、一年で最も長い休暇となるレバラン、以前書いた通り私の会社も休みになりますので


日本にちょっとだけ戻ります。


一週間ほど、少しばかりの休暇を楽しんで、それもまた糧にして、情熱をもって走っていきます。




今日はMy hair is bad の「真赤」を。

あれ、大体一年前くらいに出てきたと思ったら何かめっちゃ再生数伸びてる、と驚きのバンド。

当時からストレートな音楽が心地よいバンドでしたが、人気が出てきているのは素敵なことですよね。

ではまた。








関連記事
スポンサーサイト



06/27のツイートまとめ

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback

hondanarakugaki

感受性を高く保ちながら、心は揺らさず強くあらねばならない。曲がりなりにも人を導く立場に立つのであれば、きっと必要な要素なんだろうなと思う。
06-27 09:19

関連記事