FC2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

モンブランの雪融け

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback

こんばんは

まあ書くだろうなと自分でも思ってたんですが、先ほどまで1週間前に発生したテロについて感じたことを書いてました。




消えちゃいましたけど。




消えたものは消える運命だったということで受け入れます。
そして同じものは基本的には2度と書けないです。


ブログは再現性を意識して書いているものではないため、ぶっちゃけ走り書きの勢いのみなわけです。



身近に起きたあの事件に対して、危険な目に会ったわけではないけれど、強く「生」と「一瞬」の積み重ねを意識した、というお話です。

そして僕らの生きる世界の延長に、厳然としてテレビの中の世界は「実存」しているのだということ。

そういった世界に触れた人たちの人生観が変わったり、覚悟が決まったりする気持ちが少しわかったな、というお話でした。



真面目な話はそこまでで。





引っ越しました。

オフィスが移転するのでそのオフィス近くで徒歩五分のところに越してきました、

もともと万円台でも前半のほうの超格安予定でしたが、宿舎で4つしかないちょっと高めの広い部屋が急きょ空くことになり、そちらはどうか、と打診を受けたためそちらに鞍替えしました。

値上がりするとはいえ日本で住んでる時に比べればはるか格安ですし、立地的に会社が歩けるところにあるのは大変楽です。
コンビニはすぐ隣に2店舗。
ネットも前のコス(インドネシアの格安アパートです)よりはるかに速くてちょっとお得感。
引き続き掃除洗濯、家具はすべて込みです。

生活が新しくなる瞬間はいつの時も楽しいものですね。


心機一転、オフィスもちゃんとした場所に移転しますし、さらに今の事業を成長させるために。



曲。


super beaverの「証明」。

最近なんだかこのバンドがとても好きです。

青臭く、ストレートで、でもすごく絶妙な言葉選びです。

彼らのストレートなテーマ性が、その言葉が、それによって紡がれる音楽が、この歳になっても時々強く刺さります。

たまにひどく聴きたくなることがある、そんな音楽です。

ではまた。













関連記事
スポンサーサイト



ジャカルタアンダーザブリッジ

Posted by 5℃ on   2 comments   0 trackback

こんばんは。


新年明けましておめでとうございます。


たいへんひねりのないタイトルにて失礼いたします。


クリスマスにちょろっとだけ日本へ戻りましたが、年末年始はジャカルタにて過ごしました。

人生で二回目の、海外での年末年始です。

インドネシアでは基本的にクリスマスを休暇として、大晦日は休みになりません。
近年の企業動向ではクリスマス休暇にくっつけて早めに営業を終わらせる会社も散見されますが、結構皆さん31日の午前中までは働いていらっしゃいます。
そして新年は2日より営業開始です。


ストイックですね。


弊社もご多分にもれず、ではございますが、今年は土日が重なったことにより3日までは休みでした。


大晦日から2日までは家ですっかり引きこもり、ひたすらにだらだらする日々を送りました。

日本にいる時よりも明らかにアクティブ率の下がった、まさに寝正月。

31日はいつもと違った環境に浮かれたのか、完全なる衝動買いでipad miniを手に入れました。


PC2台、携帯2台、kindle1台、タブレット2台(うち1台借り物)という謎のデバイス在庫。

それぞれ用途を使い分けております。

仕事で使うことを想定してのipadだったんですが、想像以上に活躍しております。
メッセンジャーやその他アプリケーションをノートPCで立ち上げると重いため、完全に外部メモリ扱いで使用しています。

また、ジャカルタでは車の時間が非常に長くなりがちですが、さすがに車の中でPCはしんどいのです。

そんなときにipadは大変ストレスフリー。メールもパワポも比較的楽にこなせます。



仕事の仕方がちょっと変わって、割と楽しい新年でございます。








こっちに来てからまだ半年もたっていないことに驚く。


実質でいえば半年近いのだけれど、本赴任からはまだ4ヶ月半。
ずいぶん長いこと経っている気もしている。いろんなことをやっている気もしている。

時間というものは意識で濃縮されるものであるということだろうか。


なんにせよ、まだまだしぶとく生きております。



オフィス移転に伴い、僕も近々引っ越す予定。

オフィスに近く、コンビニに近く、そして今までよりも4割くらい安い。

いろいろと集中したい環境という意味ではこれ以上ないくらいです。



それではまた。

関連記事