FC2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

gamble your life

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback



こんにちは。
皆さんお久しぶり。



働き始めて一カ月。



まだ研修。



でもあと半月で研修も終わり、配属先が決まるわけです。



別に本社以外に行くわけではないですが、業務の内容は配属で変わってきます。




何処まで言っていいのか知りませんけど、まあ大まかに言えば提案か運用か解決かというお仕事。




社長との配属面談、どう転ぶかなぁ。








同期との間にもいろいろあったりはしますけれど、だからこそ本音で語り合う事と自分をコントロールすることの重要さを知るわけです。



自分が嫌なやつであることも同時に強烈に意識します。


でもそれはやはり人の目を気にしているからであって、そうすると本音で語り合えなくなって、本当の意味での信頼は得られなくなる。




個人の特性によりけりですが、僕は知らない間に嫌われるタイプです。



あと、敵と味方を同時に生むタイプです。




でも僕はそれで良い。


何を変える必要があるかはまだわからないけれど、核の部分は3歳のままで自分で良いと思う。

多分将来的に発生するそれらの「必要」は根っこの部分で僕という存在を否定しないはずだから。


社会に出て早々に色々な「流れ」を感じているし、清流もあれば濁流もあるわけで。


でも一番芯の生き方って、意外と否定されないもんだなとは感じてます。


多分解釈の領域がでか過ぎて、僕が勝手にそう解釈しているだけなんだけれど。



とっても天気の良いゴールデンウィーク。ものすごく気分がよろしいのでございます。



やることたくさんあるけれど、人に会いたくて、楽しみたくて、しょうがないと言いますか。



ブログ更新しちゃったりするのもそんな時だからかなぁ。







本を読んだり読まなかったり。


課題図書が多いのでそっちにかかりきりですが、それとは別に読んでいる「ザ・サーチ」がおもしろい。


googleの検索エンジン、その歴史を紐解く一冊です。


google中心とはいえ、検索周りの歴史が一気にわかる本。

yahoo!やアルタビスタ、bing、exciteなどなど含め、ITの、と言うか情報というものに革命を起こした「検索」の世界が詰まっています。


ほんとに想像以上に面白い。


自分のいる業界はまさしくこの世界のなので、そういう意味ではこの業界に入ってよかったかな。



興味のある方はどうぞ。中古で1円、送料入れても300円で手に入るでしょう。



ザ・サーチ グーグルが世界を変えたザ・サーチ グーグルが世界を変えた
(2005/11/17)
ジョン・バッテル

商品詳細を見る










曲貼りますか。




まだまだ若いけれど、そのポップセンスには脱帽。


季節感のある曲を情感たっぷりに魅せるGalileo Galilei。


夏の曲だけれど、こんな天気のいい、気持ちの良い風が吹く日にぴったり。


青い栞 です。



「あなたの一日が幸せでありますように」



ではまた。




何ページも費やして 綴られた僕等の気分
どうしてか一行の 空白を埋められない
押し花の栞はさんで 君と転がす使い捨ての自転車
忘れかけのレンガを 積み上げては崩した

イコールへと引きずられていく
怖いくらいに青い空を
遊びつかれた僕らは きっと思い出すこともない

そうやって今は僕の方へ 押しつける陽射しの束
まだ二人はすぐそこにいるのに 「どうかまた会えますように」なんて

どうかしてるみたい



関連記事
スポンサーサイト



空間の圧力

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback




お久しぶりです。


どうも僕です。




社会人になって2週間が経ちました。




うかつな発言で会社を貶めてはいけないので、発言には気をつけます。



どちらにしろ会社名を公表するつもりは無いけれど、ちょっと探せばばれるレベルですからね。




とりあえずは研修の毎日です。




放蕩生活を1年続けた僕にとっては完全に180度違う毎日を過ごしております。



起きるの5時台だし。




家帰ってくるのは早くて9時半。遅いと日をまたぎます。




それでもまぁ、色々いけるもんです。



明確な目標、というよりやる気があればそんなに辛いことはないですね。



無論疲れますけど。




色々考えることはございますよ。





上司からはちゃんと負荷をかけられておりますし。研修としてね。




アウトプット量が多いのと、ビクビクしてるのと、精神的にくるものは様々なのです。




とりあえず早く研修終わって配属決まらないかな。




とか言いながら、研修で得られるものはきっちり得ていかないとね。




本当はもうちょっとエッジの立ったこと書こうかと思ったんだけれど、止めておきましょう。





1ヵ月後くらいに同じような気持ちなら書きたいと思います。





皆さん、春、新しい季節に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか?



ほんと何でも気持ちの持ちようだと実感する日々です。



きついというほどきつくないんですよ、実際。



何だって、やろうと思えばまぁまぁやれるもんです




それが正解かどうかは別の話です。



これでいいのか、という自問は常にすべきです。



正しいとは限らなくともやらざるを得ない場合はあるし、やるにせよやらないにせよ主張する権利が無い場合もある。




それはそれとして、やるべきことをやって、でも飲み込まれないようにするということです。




ややもすれば柔軟性を失いますし、自分の考えにとらわれてしまうことになります。




そのバランスが一番難しい。




自分に常に価値観の修正を迫ると同時に、常に外界に対しても問い続ける。



会社で生きる人間にはなかなか難しいことはわかっていますけれどね。





ま、気楽にいきましょうよ。





どうせみんな消えてなくなるんですから。





過程は自分が納得できるものにすればいい。





ということで曲。





Champagneでcity。



ユニゾンとかに近いハイトーンのギターロックですね。



一度ライブ見たことありますが場のボルテージがすごかったのを覚えています。



ライブにパワーのあるバンドです。



ぜひご一聴を。




ではまた。




関連記事