FC2ブログ

本棚に落書き

製造業/事業推進/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

Can you feel it tonight

Posted by 5℃ on   2 comments   0 trackback

雪が降るとか降らないとか。




多分降らないでしょう。

こんばんは。



独り言。



スタジオ入って久々にドラム叩きました。





最高。





買ったばかりのギターも持っていって、スタジオのアンプにつないで弾いてみたかったんですが、実際大して使わなかったです。久しぶりに鳴らした自分のスネアと、ドラムセットが楽しくてそっちばっかやってました。




友達のギターに合わせて適当に叩いてるうちに暴走したりしてね。


People in the boxのニューミニアルバム、Citizen soulを手に入れました。初回限定ライブDVD Cut one が付いております。



アルバムを聴き、特典映像を見て、再度確信を強めたと同時に大きな幸せを感じました。


僕は彼らが大好きで、そして音楽が大好きです。


スタジオ入ってみたら、やっぱり自分ドラマーだなぁと思いつつ、それでも音楽全部を愛してやまないのは同じ。



とにもかくにも、生きる指針のひとつだよなぁと想う今日この頃。






人生は選択の連続である、であるとか


人間は常に最善の選択をして生きている(はずなので後悔はない)、であるとか


教えであり、深みもあるけれど自分にとって平常運転なので特に言葉にすることも無いんだよなぁ。



ただ、選ぶって行為を軽視したり、「選ばなか」ったりするわけではないのです。


僕はよく「ひとつのことを突き詰めるタイプ」との比較で、「いろんなことを手広くやるタイプ」であるように進んできている気がします。


対極ではないし、僕自身どちらでもありたいし、どちらに拠らないということは可能かとは思います。(おそらく天才にのみですが)


いかんせん何かをするというときに別の何かを捨てるという選択肢がありません。


これはよく誤解を招きますね。一般的に「ひとつのことにスペシャルである」ことは認められるんです。


逆にいろんなことに手を出す節操のないタイプというのは、その熟練度に関わらず割りに「中途半端である」と見られがちな気がします。


結局僕が違和感を感じていたのは「捨てる」という言葉に感じる妙な積極性ですかね。



俺はサッカーをやるので野球はやらない!



と宣言をする必要は果たしてあるのか?という問いです。



総体としての自由は存在しえません。それはおそらく究極の不自由でしょう。あるいは孤立と言ってもいいかもしれません。


少々次元が変わってしまってますがね。

それはそれとしても、自由は切り売りし、買い取るものです。それがつまり選択する自由ということです。



僕らはサッカーをする時間を選び取る代わりに、その他のことをする時間を失うのです。


誰にも監視されていないネットワークという環境を一部分売って、対価として「安全なネットワーク環境」の自由を買い取るのです。


そういうのとおんなじで、人間は選択することで基本的に何かを犠牲にしているのです。


それはどういうタイプの人もおんなじで、いろんなことをやってみたい僕のようなタイプの人間・知的好奇心の強い人間・体験型の人間でも、何かを得るためには対価が必要であるという基本原則は理解しているのです。


その意味で真に何もかも犠牲に出来ない人間はまさしく「中途半端」に映ることでしょうね。




結果として犠牲になるものというのは気付かないレベルでも数多くあるし、犠牲にするものを選択することもあるけれどそもそも先打ちで可能性を排除しにかかる必要はないでしょう。


いつだって無限にたゆたう姿勢はいいものだと思いますよ。



犠牲に積極性は違和感だ、という話と、やりたいことをたっぷりやったらいいだろうよ、というお話です。



スペシャリスト云々であったり、ひとつの分野に秀でなきゃいけない、というのは社会性であったりコミュニティであったり、外部から求められるものの話で自己の本質ではないし、その意味で自分が納得できる状況であればなんら問題はないでしょうね。まさしく納得しているわけだし。



ま、そんな感じで。



やりたいことは何だ。やらなきゃいけないことは何だ。


どう在りたいのか。どう在らねばならぬのか。



そういうところなわけです。




はい、曲。




Going steadyで銀河鉄道の夜live ver.

日本パンクロックシーンでは超有名ですな。


ボーカル峯田氏の精神がまんま、「やりたいことやったれ」状態で心地いい。



今は銀杏boyzですが、まあ同一ライン上だとは思います。



言いたい事を、やりたいことを、ど直球に青臭く歌うこの姿勢に痺れます。

こういう音楽の一面も好きです。



ついでに今日のブログタイトルの曲、one night onlyでcan you feel itを。コカコーラのやつです。

この手のメロディラインはいつだって、僕らを勇気付けてくれますよね。





ではまた。









関連記事
スポンサーサイト



upcoming harvest

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback




はい。





新年  明けまして  とってもおめでとうございます。




まさかの2週間後ですが。




全然書きませんでした。



これほどサボったのも久々で。



書くことだけは大量にありますが、結局体力は無いので思い浮かんだ順にかいつまんで。







カウントダウンジャパン、31日途中参戦で新年を迎えました。

Special Othersとアルカラが観られたのが個人的には◎。エレカシもはじめてみたけれどカオスっぷりが良かった。


カウントダウンはyour song is goodの完璧なタイミングでいい感じ。

カウントダウンで卒業ぶりに会った友人よ、ありがとー。

Aさん今回もありがとー。


皆様、今年もよろしく。





年末年明けとカウントダウン以外はバイトしてました。年末年始らしく家庭教師はほとんどお休みでしたが皺寄せは2月にいくのです。


ばたばたと新年を向かえ、昨年の整理も新年の抱負もまだ何もない状態です。


昨年からのついでで整理は現在着々と。部屋の掃除・レイアウト変更含めですね。


12月にがっつり働いた分のお給料が入って少しウハっとしました。



そんな感じで先週上越国際スキー場へシーズン初滑りに。あそこはいいところですね。広いし。
今シーズンからもう少しギアにお金を掛けよう、なぞと考えてはいましたが、諸事情により小物系のみ揃えました。


ボードは今のままでいいとして、そろそろウェアが買い替え時期ですが、まあ来シーズン考えることにします。






そしてこちらがそのいわゆる「諸事情」。


moblog_e61080d4.jpg



ずーっと欲しかったやつです。


Fender Japan Jaguar 3TSです。


これで給料がかなり飛びましたが、でももともとそういう計画だったので。


思い切りました。


USAだともっと高いので、Japanでいいです。


楽しくてしょうがないです。同時に異常にドラムが叩きたくなりました。


音楽ってすばらしい。


僕はギタリストではないので、的なくだりをさんざ言っていたりします。

そういう意味でギターをやりたいという欲求において好きなギターを一本もっていたら満足です。好きなアーティストへの憧れでね。厳密に同じではないけれど。


あとはエフェクターとかの周辺機器で、ギター自体はこいつを相棒として弄くり倒します。


ブリッジはとりあえず変えないとなー。弦落ちがすごい。個人的には波多野さんを追いかけて行きたいな。



後はドラムに金を掛けよう、ということです。




虐殺器官、読み終わりました。


読後感が意外とあっさりしている。全体のテーマ性は良いですね。

もっと重厚に印象に残る作品かと思ったんですがそうでもなかったです。


アイディアと問いかけが絶妙ですよね。社会的な皮肉がたっぷり。


そして何より作家としての、言葉を操るセンスがすごいですね。これにはなかなか、感じ入るものがあります。


人によって、「思ったよりも面白くない」という評価があるであろうことは容易に予想がつく内容です。そういう意味で、まったく内容は違いますが、ノルウェーの森を読んだ時と同じ感覚ですね。




今日会社の課題図書要約提出期限だったんですが、23時59分33秒に提出するという暴挙に出ました。


いやーギリギリ。



洒落にならん。


ご利用は計画的に。



まま、そこは置いておいても、課題書がかなり面白かったです。新世代マーケティングのお話ですが、グランズウェルという言葉に置き換えての内容です。

データと事例の豊富さが非常に理解を助けてくれます。しかもどれも面白い。


グランズウェル、もしくはgroundswellで検索すればすぐ出ますので、興味のある方はどうぞ。






身を取り巻く環境と、考え方は変わりつつあります。


これからの時期、別に節目の話でなくとも変わってゆくものは変わっていきます。


特別個人的なレベルでもそういう時期です。



人に対する期待感や勘違いや妄想も含め、相変わらず揺らぎに対する安定をどこから得ようか思案する日々です。





色々と面白い考えは浮かんではいましたが、今ここでは思い出せませんのでこの辺で。



もう一年経ちますね。なにからかって、それはこの文章の受け手、あなたの感覚次第ですけれどね。




最後にこの新年、抱負をひとつ。


誠実でありたいな、と思います。

そしてもっと、素直であろうかと。

かなり含むところはございます。


率直に、恐れずに、今の現状を変えるだけの勇気を持ってみよう、耐えるだけの強さを持ってみようということでもあります。


繋がりが変わるにせよ、人の幸せを願える人間に。





では今日の曲。



新年一発目。



Vampire weekendのcousinという曲。



説明がめんどくさいです。


アメリカのインディーロック、ダンサブルだけど妙なポップセンス。いい感じにはまります。



ではまた。



関連記事