FC2ブログ

本棚に落書き

webマーケ/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

不惑の余裕

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback

おこんにちは。

Evernoteを久方読み返し、もう少し使いこなせないかなと思ってノート整理やタグ整理をしてたら、意外と考察というか思索&駄文がたまっていることに気づきました。

ブログに投げ入れるために書いているわけでもないですが、せっかくなので置いていくスタイル。

本日も本日とてとりあえず近況ですね。

◆たぶん入社以来一番暇(次のステップを思案中)

◆不安と迷い多し

◆ライブよく行くようになりました
(椎名林檎、MONO NO AWARE、suspended 4th)
未来ですがpeople in the box, suspended 4th & the band apart, CDJ, FINLANDS, 森山直太郎もすでに
予定に入ってます。

◆ドラム教室に入りました
sora tob sakanaでドラムサポートしているリンタロウ先生がいるらしく衝動で。
一回くらいちゃんと学んでみても良いなかなと思いまして。

◆サッカーを定常化
週1でサッカーやるようにしてます。
個人参加ですが、参加させてもらえるチーム固まってきて、ちゃんと11人制で毎度やれるようになってきました。


すごく楽しいんですが、いろいろ食いつぶして生きている感があって、もう少し戦闘能力を上げたいなと感じてます。


こんなところで。

今回は台湾のポスト・マスロックバンド Elephant gymを貼っておきます。
3ピースのベースボーカルながらインストパートを主体とするテクニカルバンド。

リズムやメロディの美しさもすばらしいですが、ベースがフィンガリングやタッピングを多用する変態奏法なのも
特徴的ですね。

ではまた。







関連記事
スポンサーサイト

おいしい水

Posted by 5℃ on   2 comments   0 trackback

びっくりするぐらい放置。


いや、ほんと仕切り直しを考えてはおりますよ。


4か月おいてしまいましたね。

でも特に書くことはないですよ。


羅列しますね。

◆ライヴ
people in the box2回
yonige1回(対バン)
ニューアコースティックキャンプ1回
CRYAMY一1回
ニガミ17才1回

多分こんな感じ

◆人生初沖縄

◆JAL出張で上級会員達成

◆正式に部長

◆メンバー辞めまくる

◆上長も辞める

◆心の四面楚歌

◆転職していないのに会社が変わる


察して。


今日も世界は平和だぜ。

関連記事

東京ハチミツオーケストラ

Posted by 5℃ on   2 comments   0 trackback

雑感。


とりあえず日常のことでも置いておこうと思います。

日本帰ってきてからライフスタイルを構築し直してるんですが、以前より肉体からの距離に近いものへの信仰が強くなりました。


最近は毎週フットサルしてます。

改めてライブとか行き始めました。

今日はこんなん。

IMAG0379_20180628155243c1a.jpg




酒呑みの聖地みたいなとこだな。


そんな感じです。

関連記事

正攻法

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback

お久しぶりです。


♯Evernoteメモシリーズ

ちなみにですが最近迷走モードです。

芯を強く持って生きられていないので、些末なことが気になるようです。

なぜか胃炎と胃潰瘍を併発しました。

人生二度目。

絶食!


--------------------------------------------
ご飯の食べ過ぎは百害あって一利くらい。
体は重くなるし、頭働かないし、気持ち悪くなるし。幸福度が上がるのが一利くらいでしょうか。

一利が大きすぎて食べすぎてしまう罠。

--------------------------------------------

自然回帰の思想、合理の観点からも矛盾はしないのではないかと思案中です。
経済合理を無視して、「世界が破綻したら」想定のサバイバル思考でしたが、単にスケールメリットみたいなものを無視しているだけで、特定コミュニティ内で一芸に秀でるという単位あたりの経済には理にかなうんですよね。

隠居も含んでしまうと少し方向性がずれるけれど、スケールをさせるために犠牲にしなければならないもの(本来「ビジネスでは正解とされること」のために切り捨てててきた部分)を大事に持つことが、ある単位では経済的に合理になるのかもしれないということ。

スケールメリットがなくなるのではなく、その中でのスケールが容易になる、相対的な価値が最大化されるようになるから。

個人的には質的な意味でもいずれは機械に及ばなくなると思ってます。
多くの物事で、おそらく僕らが生きている間に。
大量生産オリジナリティハイクオリティはすべて共存できるし、機械にそれができないというのは思い込みであろうと。

人に残るのは自己満足的な価値であって、その自己満足的な価値で繋がったコミュニティを形成すればいいのです。

それだって機械が代替可能である、というのは正論ですが、自己満足的な価値は文字通り自己満足なので、代替する意味がないのです。(労働は代行してほしいけれど、幸せは代行してほしくないでしょう)

クオリティの高さにおける二元論発想(良し悪し)では特殊領域特化できる機械が最も正しいし速いでしょうね。

人が生きる世は、今までも、そしてこれからもっと主観的なもので形成されるように流れていきます。

生きるために必要だったものは何かに肩代わりされて、もう僕らの世界では見えなくなりつつあるので。


だからあえて。自己満足的な意味でそこに一人戻って行こうとする、そこに体験的な価値を見出しています。

--------------------------------------------

関連記事

It remains to be seen

Posted by 5℃ on   0 comments   0 trackback

※推敲してみた

こんにちは。


#Evernote memo シリーズ


強いこととやさしいことみたいな話を考えてたときのやつです。
文体が恥ずかしげもない真顔感を出しているのはきっと夜に思いついたからでしょう。

「恥ずかしくないのか」と問われれば、そうですね、「恥ずかしい」です。

これからも皆の前にお尻の穴をさらけ出すような心構えで臨んでまいりたいと思います。
大体言葉が違うだけでみんないろいろ考えているんですよね。


----------------


人としてどう生きるのか/どんな人生を送りたいのかを考えたときに、世界の形に合わせた「強さ」はどうしても必要になる。

財力・仕事の能力・センス・戦闘力であったり、社会の中で物質的豊かさを得るために必要な能力をそう呼ぶ。
漫画「バキ」シリーズの名言から引用するならば強さとは「わがままを押し通す力」だそうです。

それが「やさしさ」らかい離することが多い。

私的な話で言うと、インドネシアでビジネスに向き合う時間を圧倒的に増やしたことで得たものと失くしたものがある。
資本主義というゲームのルールで求められる「強さ」に多大に影響された結果である。
ルールに従ってルートを決めるので正しい/合理的だと思うものの、価値観として欠けているもの出てくる。

「皆が幸せな世界」は、強さだけでは成り立たない。

強さは「社会が規定する戦闘力」だから、究極的に全員の望みをかなえられない。
最大多数の最大幸福というやつですね。

「やさしさ」はひとそれぞれの主観で、「強さ」はその時の社会の要請。

だから(尾崎豊風に)僕が僕を貫きながら幸せを追いかけるのであれば、常に皆が幸せになるというモチベーションのもとで強さを追い求めることだけが正解に見える。
強さを獲得する理由に自分が納得いくかの問題らしい。
強さのために強さを求めるのでなく、目的を常にブラさずに「手段としての強さ」を求めるということ。

世を閉じてしまえば余裕がなくなるもので、平穏であることの重要さを感じます。
いつだって心穏やかに闘いたい、という近頃の所信。




P.S.
やさしさは言い訳と甘さに化学反応を起こしやすいため、要注意

関連記事