週末へっどふぉん

駄文/雑文、ジャンルレス。「難しき事を易しく・易しき事を深く・深き事を面白く」 "fake it till you make it"

Time for Heroes

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback

おこんばんは。



春だ春だといっても、桜が咲ききった今ですらちょっと寒かったりしますね。


そんなこんなで春感はあんまりなかったり。


僕は夏が待ち遠しいです。


憧憬の夏。


幻想の夏。



つまりは、思い出深いということです。




働く、ということについて考えてみました。


「何で勉強しなくちゃいけないんだ」っていうのと、似たような質問な気はします。

僕は、働くという行為は「便利な生活を維持するためのシステムから発生するもの」だと考えています。

個人としての有意義な生活、という意味ではなく

種として。人類として。

進化の過程で築きあがった仕組み、だと理解しています。

科学考証があるわけではないですが、人はもともと

○裸で動き回り、その日の食料を狩りでまかないながら生きてきた

⇒全体の生きる確率を上げつつ、効率的に食料を手にするためにはチームを作るのがよい

⇒生活のサイクルにはリズムと種類があり、役割がある / 人には個性があり得意不得意がある

⇒役割分担が発生する

みたいなことが原初だと思うんですよね。


そうするうちに人は家族を作り、群れを作り、Tribeをつくり、社会を作り

その社会が相互にやり取りしあうに至ると。

役割分担が発生する過程で、また価値観が多様になる過程で、実際は生命に直接かかわるもの以外の役割分担も当然生まれるわけです。

とはいえ彼らの役割は誰かを(特に生命に直接かかわる役割を担っている誰かを)サポートしているもので、その誰かはそこに価値を置くから、交換に食料なんかで報いる。

そういう風にして直接的間接的ながら「全体を1生命体として機能させるための役割」を担うことで人は生きてきたんです。

その図式は、どんなものでもある一定の価値に置き換えることのできる「貨幣制度」の発達でより顕著になるわけです。


うだうだ言っていますが、つまりは働かなきゃ生きていけないのは、つまりは「社会に属しているから」なんです。

僕らは最初からその中に生まれて、その中で育っているから気づかない。


ただやりたくないことを押し付けられるようにかんじてしまうんでしょうね。


でも僕らの生活は常に保障されていて

与えられていて

用意されている状態でスタートするんです。


それがつまり、「ありえない幸運」 ないしは「完成された環境からのスタート」

社会に属していることで成し得ている環境は、その成り立ちを考えれば、社会に何かしらを貢献/還元しているからこそのものなんでしょう。

だから、そういう低い位置での働く意味なんか考えたって仕方ないんです。

もちろん価値感であったり、意味づけというレベルでのそれは大変文化的な・人間的な行為だとは思いますが。

じゃあ仕事というもの、働くということにどう向き合うのがいいんだってことですが
正解はないとは思います。当然。


僕の考え方をつらつらと書いてもうちょっと続きを、とも思いますが、疲れたのでまた今度。




ブログのタイトルが相変わらずPoeticですが。

お気づきの方はいらっしゃると思いますが、大体は

曲のタイトル

アルバムのタイトル

思いついた言葉

で構成されております。


僕は中学高校の時分より変わらず、言葉というものがすごく好きみたいです。

その響き、意味合い、システム。

言葉の美しさというのは確かに存在すると思いますし、言葉の力もまた非常に強いものだと思っています。


いつまでも大事にしていけたらよいな。


今日はそんなところで。

Lili limit。

ではまた。



















関連記事

煮え切らない顛末

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback



おこんばんは。


4月になって、今日はずいぶん暖かかったものです。

仕事とその業種柄、体感気温には多少敏感にはなっております。

新入社員も毎度の如く増えますし、僕も会社の中では新米というほどでもなくなってきました。

長いわけでもないけれど、いい意味での焦りと展望からリアルに転職が頭をよぎったり。

とはいえまだまだやれることがあるのと、やりたいことがあるのとで、今の居場所でがんばる心積もりではいます。


ここ数ヶ月、先を考えることが多くなってきた気はします。

次のステップが、自分にとってどんなものになるのか。


想像している今は、楽しくて仕方ないです。


今は、とにかく仕事にも私生活にも張り合いを持って進みたいと思います。


本当にただのつぶやき。

なんかのお話はまた別のときにでも書こうかと思います。


ではまた。








関連記事

only changing

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback



ぼーっとしてると世の中どんどんすごいスピードで動くわけで。


変わらないものも変わりゆくものもいっしょくたにぐるぐる回りますね。


お久しぶりです。


日々ちょっとしたことに心を痛めつつ


すべてにおいてバランスと浮遊が大事だと思っておる今日この頃です。


「中途半端はよくない、一度突き抜けたほうが絶対いいよ」

といろんな方に言っていただいております。


これはバランスとはまた別の話なので、できる限りそのとおり、思い切ってやることを最近のモットーとしております。



細かに書けば日々の移り変わりで結構書くことはありますが、やはりブログへのアウトプット自体が習慣づいていないのが一番よろしくないですね。

それだけ忙しく、充実した毎日を送っているということでもありますが。



最近のホットトピックとひとつだけ。

仕事の関連で、最近海外に行く機会がチョコチョコ。

前も書いた気がしますが、海外への出張や駐在とは基本的に無縁なビジネスモデルで、こういう機会をいただけるのは実は今の環境ではとても貴重であると思ってます。


実際会社で海外出張に行く人はほぼいないので。


そんな中、先週も某東南アジアの国へ急遽サービスの提案という形で行ってまいりました。

競合2社との3社コンペティションだったんですが、うちの会社で勝ち取ってまいりました。

結構働き始めてからで考えると印象深い仕事のひとつになりました。

異国の地、超ハードスケジュールの中で子会社社長と2人3脚で(若干おんぶに抱っこ感ありつつ)本気で取り組んだものが認められて結果につながる、この充足感。

情熱を傾ける場であり、存在価値を発揮していきたい場所で、少しずつ描いていた形に近づいている気がします。


まだまだ楽しめてますね。たぶんそれが一番大事。

とりあえず明日は8時までに仕事終わらせて、眼鏡かって家で続きをします。宣言しないとやらなそうなので。


曲はBrooklynのOnly changing。

やわらかで弾むようなリズムと曲調が心地いいです。

ではまた。








関連記事

行ったり来たり

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback



帰ってまいりました。



いろーんなことを見て



いろーんなことを考えました。




厳しくも背中を押される言葉をたくさんいただきました。





やっぱり僕は弱いんだろうなぁ、そして傷つきやすいんだなぁ




そして甘いんだなぁと、改めて実感しました。







でもそれが悪いとも思えなくて、そこまで勝つことにだけ執着することができない弱い自分を肯定するような生き方もあるんですよね。



何が悪いって、あこがれちゃって、手を出しちゃうんですよね。

なのに勝ちきれないし、やり切れないから、中途半端になってしまうんでしょう。

こう、言い訳がましくブログに書いてる時点でもうだめなんでしょうね。

やる、といったときにはもうやってるみたいなジョジョ的な覚悟というか。

僕の尊敬する「やる」人たちはそんな人たちばっかりで、そんな風になりたくて。

彼らの期待に応えたいし、彼らに失望されたくなくて。


そんな感じで、尊敬する人にどう思われるか、失敗したときにどんな風に言われるのか、考えちゃうんですね。


頭ではわかってますし、実際振り切って行動することもたくさんありましたよ。

でも頭をよぎる。これは変えがたい悪習なのかとすら思います。

振り切って行動できるのは、リスクの高を計算しているから。

やれる自信があるから。

勝ち目のない勝負をしなさ過ぎるし、勝ち目をあげる努力をしているわけでもないし。

いざ勝ちきれなさそうなときに、やりきって勝つという姿勢が足らないのかな、と。




さて、自分が矮小な人間であると再認識したところで。


自分が到達したい地点に、自分のような人間がどんなルートでなら辿り着けるのか。


ちゃんと考えたいと思います。



こうやって、沸きあがった自己嫌悪とその現実の意味するところをこういったところで吐き出して、整理して、ニュートラルにするわけです。



いやー、定期的にあるけれど、やっぱり今回の決断は大きいものになる気がする。



自身の変革として。




ではまた。




関連記事

「楽しい」の熱量

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback



ネシア四日目。



前回7月に来た時よりも、より一層濃い何かを与えていただいている気がする。




細かいことは後でも書こうかとは思いますが、人生をどう過ごしていくか、仕事というものにどう向き合っていくのか、そういったことに対して重要なヒントと経験を与えてもらっている気がします。



じぶんの原点や原体験を思い返して、今の自分を見つめて、この先に対する提言をいただいて


「仕事」という言い方をに含まれる様々なものを僕は今後違う目線で見て行ける気がします。


そこには漠然とした壁を感じていたのですが、それでも壁のこちら側にいる実感が薄くて、実はどこまでいっても壁なんかなくてこのままの状態がずっと続いていくんじゃないかとすら思っていました。


でもそこには確かに壁があって、壁の向こう側には今の感覚とは全く違った覚醒した世界が存在するということを、確かに認識できるようになったと思っています。


その壁を越えるには大変なエネルギーと覚悟がいるのだけれども、それでも勇気だけは湧いてくるのが、この地で出会った人々のおかげなんだなと感じています。


ひとつ、このブログの話をその人生の大先輩にし、記録をすることについて、

「その日の熱量を記録したらいいのではないかな」

僕が原体験における「情熱」や「熱量」という言葉を使ったことをもって、そんな提言をいただきました。

ぐっと上を見据えて、まだまだやれることはあるじゃんか、と。


あの原体験の感動を得るために、あの時と同じくらいの情熱を、熱量をもって動けているのかと、自分に問いかけることにします。




ほんと、人生って楽しいわ。


ではまた。

関連記事