本棚に落書き

webマーケ/音楽/サッカー/海外生活=独り言。駄文/雑文です。

月まで

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback


トップ画像にかぶさるように出てくる広告はコンテンツを覆い隠してしまうので悪質です。
これまた出てくる広告がテイストに合わないものだからこれは効果としては何の意味もないだろうなぁと考察する気分。

拡散性ミリオンアーサーに罪はないけれど、僕のところに出てしまうなんてかわいそうであります。





さて、常日頃自身の内省的な性格を持ってああだこうだと愚問を頭の中で論じているけれども、いつも思うところにアウトプットの重要さがあります。
これも毎度のこと思っているから詳細は割愛するとして、アウトプットの「むずかしさ」というのはあると思っています。

-----------------------------------------------------
基本的にはエネルギーを使う行為である。(目的と手段による)
インプットにおいても同様の傾向は見られており、効率的な生産には環境の作り方が重要になる。


その中でとりわけ大切になるのは、よく言葉では語られる「習慣」というものだと思われる。

人は弱いし、甘い。
生来低きに流れる構造なのだろう。

つまりは努力には限界がある。「頑張る」という行為は長くは続かない。
集中力だって続かないし、踏ん張る筋力は常にエネルギーと引き換えになる。


継続とはすべての力を倍々にしていく式である。
結果を求める場合、頑張らなくても続く構造を生み出すことが最も理にかなっている。


それが習慣であり、自分にとって苦にならない状況、やりたくなる状況、やらなければ気持ち悪くなる状況を作っていくことが肝要ということらしい。


「当たり前を増やす」ということは、非常にシンプルながら最も効果的で、人の成長において最もよく見られる現象だと思う。
別の言葉で言うならば慣れである。迎合ともいう。
印象の問題で、指している主体はそれほど違ってはいない。

本人も気づかぬうちに、出来ることが増えている。脊髄反射的に次のアクションが出てくる。


概ね成人してしまえば脳の容量は成長しないし、速度も飛躍的に上がったりはしない。
そうなるとやるべきは、アウトソースするか、効率化するかのいずれかしか方法はない。


仕事なんかで言えば、考えなくても体で覚えている状態に持っていくというのは効率化(脳内でのショートカット)の最たる例である。
良い悪いという話でもない。
場合によっては、考えるプロセスを省いてしまっているので異常の検知ができない、応用が利かないといった状態が生まれる。

そこはひとえに自覚の問題だろうなと思う。


大事なことは、容量もスピードもほぼ決まっているということ。
同じスペック・許容量の箱で今よりも良いものを生み出そうとするのであれば、今までのものをアウトソースするか、今までのものをより少ない容量に圧縮する必要があるということ。


アウトソースの意義、方法論、圧縮の弊害、そういったものをコントロールできることが、知的生産性の高さでもある。
-----------------------------------------------------

自身がより良いと思う方向に加速するときに外注・圧縮の方法論をうまく使うことができるということは、努力の精神的ハードルを超えることにも無関係ではないであろう、考察でした。



ちなみに、「好きこそものの上手なれ」でいうところの成長は取捨選択であって、可処分時間(充当時間)の自然コントロールであるからまた別のお話です。




最近はずっとこの曲を聴いている。

わずか2分ちょっとの曲で、そんなに特別際立ったものでもないのですが、それはもう大変なきらめきです。
のびやかで張りのある声、つやっぽさから遠ざかりつつ情感のある曲だと思います。

言葉選びが素敵です。

「君はどうだい 月くらいなら迎えにいったのに
最終電車を逃したんだ 一番早い電車に乗るよ」

「髪でも切りに行こうぜ」

シンプルさと美しさというか、奥深さが同居する、こういったものこそ3ピースロックバンドサウンドの醍醐味だよなぁと思う次第です。

Hump back "月まで"

今後も注目です。


ではまた。


関連記事
スポンサーサイト

想像と都市の子供

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback

新年あけましておめでとうございます。


ひらがなで書くと柔らかさが出るように思えるけれど、こういったものは出来る限り漢字で書いたほうが読みやすいのか、そもそも上品さは関係あるのだろうか、などなどを書くたびになんとなく考えます。



出来る限り思考をキレのあるうちに保存しておきたいと思うのですが、最近その役割はエバーノートに移行しており、ブログは日常生活書きなぐりの色が強くなっているようです。


とはいえ自身として、後から見直した時に自分の頭を整理してくれたり刺激してくれたりするようなきらめきを含んでおきたいと思うので、そういった思考を何ともなく書いておこうと思います。




「仕事のために仕事する、という発想は貧弱だと思う。」

僕は別に仕事がしたいわけではない。

生きていくうえで人間社会に価値提供をする必要がある、と考えているのでそれを行うわけですが、その過程で自身のやりたいこと・モチベーションの源泉みたいな部分をこの価値提供とコラボレートすることで幸せを感じやすくなるんではないだろうかと思っているのです。

提供をしているのが我々で社会の側が対価の支払いを行うため、当然自分を寄せていったとしても依然として”やらなければいけないこと”(やりたいか否かに関わらず)は発生するが、やらなければいけないことで埋め尽くされているというのは大変不幸だと思う。

やらなければならないことを処理して、いかにやりたいことをやるのか。
そのやりたいことが仕事に重なっているのであれば、幸福感は得やすいだろうということです。

やりたいことが仕事でもよいとは思いますが、やりたくないのにやらざるを得ないのであれば最小化するための努力をすべきだろうとは思います。

”生活のために仕事をする”、のほうが幾分かましではあります。

低次の欲求であって、どちらにせよ満たされなければ人として生きづらい。
ここが満たされないまま生きることは結局自由度が低いということなので、やらざるを得ないことだらけになり、結局は人間らしい幸せを求めるのであれば高次の欲求が満たされるように動くのが一番効率が良いのでしょう。






「たいていの場合人は望むように生きる。問題は認識の有無。」


正義も悪もいいも悪いも、相対的なものであり、自分の意識に依存する。

自分が思うままに歩いたら良いだけで、それができない場合は、そうしたくないだけの理由が別に存在する。

本能と思考は別物。欲求や性格が自分の志にそぐわないことは別に矛盾ではない。

志に沿って変えられるものがあるということであり、それがつまり自由意志であるわけです。
変えられなかったとして、間違っていたと思うのか、その程度だったと思うのかは自由。


いずれにせよ、認識がすべてであると思います。


不満が出るのは、認識の欠如からであって、そして不満を言うということは実効性の欠如です。

認識が届けば、それはおそらくより直接的な行為によって表現され得るので。






「カテゴリというものは切った瞬間からそれ自体に規定される。個々のパラメータに意味があるわけではない」

これも結局は認識の問題。


不平等は人の作り出す幻想です。
不平等であるわけではなく、不平等に”なる”ということです。


人はそもそも平等である。平等であったかどうかに関わらず。
それは社会の仕組みの話で別問題です。

平等ではある。同一ではない、ということ。
その点についてどんな解釈をしているのか、がつまりは個人の価値観であり、それが社会を形成する。






特に意味はないです。


ではまた。

関連記事

太陽と暮らしてきた

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback

こんばんは。


年末です。


今年も僕はジャカルタにて年を越します。


人生初、2年連続海外での年越し。

このあたりの感想がそもそも僕の発想が日本に根差していることを示している気もします。


最後に書いてからいくつかイベントもありまして。


新しいプロウスリブの島に行ってきたり


兄者の結婚式で日本に戻ったり


それに合わせてちょっとUSJで遊んでみたり。


軽く写真を交えて。





ジャカルタの北に位置する無人島リゾート、プロウスリブに再びやってまいりました。

今回は前回よりも少し小さい島、プトゥリ島へ。

相変わらず、海の透明度が半端ないです。


IMG_20161212_103049.jpg


今回は少し天気が悪かったのですが、それでもこの何もない、自然だけの空間を楽しむには十分すぎるものでした。


今回は会社に長期出張でいらしている先輩と一緒に。

いろんなことに示唆をいただいたり、議論をしたり。

思考体系と思想そのものが近しいらしく、いろいろと共感するところがございました。


大量のビールを朝から晩までずっと飲み続ける、だらだら休日。


パンタラ島もとても素敵でしたが、宿泊設備のきれいさはこちらのほうが上でした。
ベッドもきれいで、テレビもあり、シャワーもきれい。
湯沸かし器もありましたしね。


そして何より遠浅の海にかかるこの桟橋。

IMG_20161212_102320.jpg

完全に漫画の世界でした。


海のど真ん中で天を仰ぎ、海を仰ぎ、ビールを飲みながら本を読み、ひたすらに思索に耽る時間。


人生でいずれは過ごしてみたいと思っていた時間の使い方をここで体験できるとは思っていなかったので、2回目ながら感動しました。


また近いうちに、違う島にでも行こうと思います。





兄者の結婚式がクリスマスイブにあるということで、混み合うことを覚悟で日本に戻りました。

せっかくなので少しお休みをいただき、大阪へ出向いて久々のUSJへ。


直近でUSJ執行役員(この前退任されましたが)の森岡さんの本を読んでいて、僕が初めてUSJに行った後あたりから現在までの改革の様子に非常に強い興味をひかれていたので、楽しみにしていました。


特にハリポタエリア。



昔言ったころよりも明らかにお客さんが多く、かつ非常にエンターテインメントに富んだ施設に生まれ変わっておりました。


IMG_20161223_095544.jpg


僕も連れ合いもそれほどテーマパークでがんがんアトラクションを乗り回すタイプでもないので、ゆっくりといろいろ見て回って雰囲気を楽しむ形にしておりました。


IMG_20161223_134953.jpg

ギネス記録にも登録されている世界最大の光るツリー。

IMG_20161223_121647.jpg
IMG_20161223_144620.jpg
IMG_20161223_122258.jpg
IMG_20161223_122124.jpg

そして入場自体が制限されているハリポタエリア。


非常に作りこまれた世界観で、かの世界が好きな人にはかなり楽しめる作りだと思います。

本当に城ひとつ建ててしまってますからね。


やろうと思えばあれほどの変化を起こせるんだなぁということ体感してきました。


欲を言えばもう少しゆっくりできればよかったかなぁ、日本滞在全般においてですが。





いろんな人と話をしてみても、毎度毎度やっぱり自分の浅薄さや無能さ加減に嫌気がさしてきます。

それに付随するプライドから来る嫉妬や劣等感みたいなものが変に発露してしまっていることも、そういったものを持ってしまっている自分自身も嫌になります。

どうにも変わらないなぁと思っているですが、変えようとずっと努力しているわけで、いろいろとあきらめきれないのが現状です。


きっとしかるべき人からしかるべきタイミングで「あなたは大丈夫だ」と声をかけてほしいだけなんでしょうが、だからと言って素直なわけでもないので結局は自分の問題なんですよね。


今年の振り返りとしては、やっぱり優しさが足りなかったのかなと思っています。

それは対個人の話というよりも、思想の話として、もっと普遍的な意味のやさしさです。


加えて、自分の不真面目さがすごく出てしまった一年でもあると思っています。

誰かと比べてしまうからそうなるのかもしれませんが、やはり自分自身が「そうでいたくない」と願う態度や行動を強く意識すべきで、自分に対する甘さはもっと捨てなければな、と感じています。

また、いくつになってもですが、人に対して礼を失する行為や言動があったことは否めないなと。
どんな人でもそうなのでしょうが、生来生意気に育ってしまった僕自身が大人になって変わったところを少しでも見せていけるよう、人に対する礼儀と尊敬の念は常に忘れずにいたいと思います。


ネガティブなことばかりですが、この1年よくやれたこともたくさんあります。

そういったものは表に出さずとも、自分の中で大切にしておけばよいということで。


今年一年は駆け抜けてきました。

来年もきっとそうなるでしょう。

振り返った時に、今年悔いたようなことが少しでも変えられていればよいと思います。






未確定ですが、来年末あたりには日本に帰任するかと思います。

またひとつライフステージが変わります。

その際は皆さまどうぞよろしく。




今年最後の曲は宇宙コンビニ解散後、その系譜を引き継いだサウンドを持ったバンド JYOCHOで「太陽と暮らしてきた」

ギターのだいじろーが解散後にソロプロジェクトとしてはじめたものですが、天才的なセンスとしか言いようがないです。

ライフタイムフェイバリットのひとつ。

ではまた。





















関連記事

ワンナイト・アルカホリック

Posted by ごどはんど on   2 comments   0 trackback

おこんばんは。



いつもの近況報告です。



前回からで行くと、大きくはジャカルタマラソンですね。




マラソン。


人生で初めてのフルマラソンに挑戦しました。

きっかけは些細なことでした。
うちの会社の方がわざわざジャカルタにマラソンしに来るという。

どうせなら僕らも参加しよう、となりました。

最終的にいろいろと輪が広がり、日本から一人、インドネシアから二人、ベトナムから二人参加する形になりました。



流石に42.195キロともなれば準備がいるだろうと思い、極力トレーニングをするつもりだったのですが、いかんせんまともな準備ができたとも言い難く。

ジムのトレッドミルで20キロ以上を走るのは精神的に苦痛です。

結局「人生で一度も20キロ以上を走ったことがない」状態で本番に臨みました。


感想。




地獄



20キロくらいまでそこそこ普通に走れていたのが嘘かのように、25キロ過ぎから悪夢が始まります。

まったく足が動かない。

ジョギングスピードですら辛い。

というか歩くのすら辛いし。

しかし延々と続く道。

何度あきらめようと思ったか。

ぎりぎり6時間を切るくらいで完走したのですが、人生で最もつらい6時間でした。


マラソン経験のあるほかの方に聞いてみましたが、このジャカルタマラソンのコースおよび運営は、正直通常のマラソンよりもかなりしんどかったらしいです。


いろいろと不思議な点はありましたが、とりあえず羅列すると

〇道の規制が手動
→通行止めしてないので、スタッフの人が自力で止める(「今のうちに渡れ!」ってマジで言われる)

〇エイドがバラバラ
→公式のエイドの間に有志でやってくださっているエイドテントがたくさんあるんですが、めっちゃ偏ってる。
(公式の先50メートルぐらいのところに3つくらい固まっているのに次出てくるの2キロ先とか。)

〇エイドが粗い
バナナ丸ごと皮付きとか、あずきバーとか、炭酸抜きコーラとか、ミルクティーとか。

〇距離間違ってる
GPSで見たら44キロくらい走ってたらしい。

〇距離表示間違ってる

40キロ表示がない。

41キロ表示の位置おかしい。

(ラストのラストで表示が間違っているため心折られる人続出)

〇道がバンクしてる

微妙に傾いでいる。

ラスト7キロとかでこの傾きはきつい。



走り終わった後のやり切った感はものすごいものがありますが、ひざが曲がらないほど足が疲労する経験はもうしたくないものです。

フルマラソンで大切なのは

■フルを走り切れる「脚」を作ること
■ペースを守ること

であることを学びました。

皆さん、必ず準備してから行きましょう。


地獄を見ますよ。



ということで、この辺で。


曲はMy hair is badの新曲。

有名になってきたからか、再生回数の伸びが早いですね。

この手のバンドとして、メロディラインとリリックのバランスが良く、かつ中身で見てもかなりセンスがあるソングライターだと思っているので、ぜひ頑張ってほしいです。

ではまた。




関連記事

The Maker

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback

こんばんは。


本日のタイトルはTrashmonkeysのアルバムより。


1か月に1本ペースがふつうになってきております。

物事を考えて書き連ねる癖は特に変わってはおりませんが、主にノートに直接だったり、Evernoteに書き込みだったりするパターンが増えました。

ちょっとここ一か月半を振り返ってみます。




7月に日本に帰ってから、やっぱり自身のライフステージとして真剣に帰国を考え始めました。

具体的な進展は薄いままですが、そんな中先日10月頭に全社イベントがあったため一時帰国。
今回は全社最優秀を決めるプレゼンにノミネートされましたので、主役です。

僕のプレゼンのテーマはもちろんインドネシアに行ってからの事業成長とそれを支えた意識の重要性、みたいなところで、正直かなり勝てるんじゃないかと内心自信持ってました。

事業成長自体はもちろん現地法人社長の力によるものですし、僕個人が成したのはいわゆる「現場」としての事業成長推進ですが、それでもやってきたことはそれなりにあるんじゃないかと自負しています。


負けちゃったんですけどね。



それでもFacebookで書いた通り、爪痕は残せたんじゃないかと思っています。僕の会社では僕のような立ち位置は珍しいですし、そういった人間が全社プレゼンに出てくることも今まではなかったことなので、今回のプレゼン自体に意義はあったと思います。

敗因を上げるなら、やっぱり日本との遠さとプレゼン内容の遠さかなぁという気はしています。

いろんな方に「君に投票したよ」と言っていただけましたし、上位役職の方々には刺さっていたみたいだったので、現場感の差なのかな、と負け惜しみを言っておこうと思います。ちょっと意識が高すぎたんだということに。

少なくともキャリアモデルとしての役割は、どこかしら担えている部分はあるかもしれないですね。




そこと前後して、せっかく日本帰るということでちょろっと温泉に出かけてました。

東武日光のほう、温泉の名前は忘れてしまいましたが、平家の宿をモチーフにした温泉宿に行ってまいりました。
世界観を作り上げるのにずいぶんと細かに手を入れているなぁと感心しました。

ゆるりと温泉に入っているときというのはやはりいろいろ考えるもので、日本での生活や今後のことをどっぷりと考えたわけです。

僕自身の今後のやりたいことや生き方という点で、グローバルにこだわるつもりはない。
会社でグローバル関係の仕事を多々頂き、インドネシアで仕事をしてみた今となっても、ここはあまり変わらない。

それは日本にこだわるという意味でもなく、つまりは国にこだわらないという意味で真にグローバルな気もしている。
グローバルとか言っているうちはグローバルやないんやで、と。心の内側がグローバルになってグローバルグローバルと声高に叫ばんでも自然とグローバルに生きていることこそがグローバルなんやで、と。

グローバルってなんやねん。ゲシュタルト崩壊してきた。

その辺は置いておいても、そうなってくると場所やお国柄で今後の生き方を選ぶことはそうそうないわけです。
多少の条件はあれど、その優先度が著しく上がるわけではないのです。

大事にすべきは自分のライフステージの変化である、というのが現状の結論。

誰と一緒に居たいかとか、今後の生活をどう過ごしていきたいのか、というところに仕事が乗っかってくる形です。

ここから先さらにインドネシアのこの会社で積み上げられるキャリアと経験は得難いものだなと思うわけですが、それにもまして僕自身の優先事項は日本にあるのかなと考えているので、帰国をしてゆっくり今後を考えたいなという所存でございます。

実際いつになるかはわからないんですけどね。ここから先1年以内くらいのスパンで物事を動かしたいなと考えています。




誕生日を迎えました。

ついに28歳。

アラサーという言葉に何の違和感もありませんが、この年になっても自分が大人である実感というのは沸かないもので。
高校生のころから、大学生のころからの延長での自分、というところはそれほど変わらないですね。

だからこそその間の学びや変化や出会いがとても大きいということなのだと思います。

自身の人生に責任を持とうという気持ちはもうちょっと早く持ってもよかったんじゃないかなぁ。

子供のころの自分の甘えというか、この世の道理を良くわかっていなかったころを思い出して苦笑いです。




Twitterで「自己肯定感」に関してつぶやいて、友人からレスをもらったのですが、失うことは容易でもなかなか取り返しづらいものですね。

あれからしばらくぼけーっと考えていましたが、最近の電通自殺問題なんかとも絡んで、「自分の人生をコントロールしている」という感覚が一番大事なんじゃないかなと思うようになりました。

いろんなところで読んだのですが、人は「コントロールしたいという欲を持って生まれてその欲を持ったまま死んでいく」そうな。

小さい子が何度も何度も同じ絵本を繰り返し読むのは、予想の範囲内の出来事が確実に起こるという「自身のコントロール下にある状況」の楽しさや気持ちよさを無意識に求めているからだそうな。


当たり前といえば当たり前かもしれないのですが、誰だって自分自身の人生を、誰よりも自分が生きていたいものです。

今この場のこの瞬間の自分は自分が選んできたものである、と思えないならばやはりそれは辛いものだろうなぁと。


それが自己肯定感にどうつながるかは難しいところですが、自分の選択によって作ってきた人生である、と思えるのであれば小さな自己肯定感の喪失は気にせず行こうぜという乱暴な結論です。

そういう時は自分を愛してくれている人たちのことでも思い出して前を向きましょう。

友達0、恋人いない歴=年齢の引きこもりニート30歳オーバーはあきらめてくれ。
そこからのリベンジの仕方はわしにはわからん。


ではまた。



関連記事