週末へっどふぉん

駄文/雑文、ジャンルレス。「難しき事を易しく・易しき事を深く・深き事を面白く」 "fake it till you make it"

午前0時の箱庭

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback

とってもとっても久し振り。


書くという習慣自体薄れてしまっていました。


毎度キーボード仕事で打っているとそんなものですかね。



本日4/1、たくさんの方が新社会人となり、当然うちでも入社者がおります。


そしてぼくもこの会社の3年目。まだ若造ですがあっという間の2年でした。

キックオフというイベントを経て、いつもであれば春の訪れとか、アワードやらなんやらの熱気でやる気が出たりとか、そういうもののはずなんですが、虚しさとかやるせなさも同時にあって、その上いつもお得意の「無力感」がつのります。




思い描いたとおりに、そうすべきと思うとおりに進んでいない現状にというより、そこに対してちゃんとがんばれない自分のせいなのでしょうけれど。



いつもながらに、僕はとても俗っぽい人間ですね。そんな自分が嫌いであり、でも見捨てる気にもなれず。


好きなところもたくさんあるからいいんですけどね。




いつから書いていなかったのかも覚えていないですが、いろいろとありました。


直近だと、

●同期4人で伊香保まで野郎旅
●アテンド=半分くらい仕事で一緒に飲んだ友人が最終的にべろべろになり真夜中の東京をさまよう(月曜日に)
●高校時代のサッカー部×監督で飲み

なんかもっともっとイベントあったんですが、あんまり覚えていないです。


上期も終わり、新しい季節と新しい場。


さっき言った様な感じで、無力感を感じているわけです。だからこそ、また一歩前に進む必要がある年度かなと思っています。ひとつステージを変えて。


バンドも引き続きやってますよ!


気のいい人たちで楽しく、そこそこ真剣に、まじめに遊んでます。



こうやって、何事にも全力でいたいと思います。


さあがんばろー。やわらかく、やわらかく。




新しい世界に飛び込むすべての人たちに、幸あれー




ちなみにですが、我が会社は毎年恒例のエイプリルフールやっています。
結構まとめとかにも載ります。


今年はエイプリルフールなのにうそつかないという逆にフールな感じ。

「どこかの誰かさん」の「彼氏」をガチで募集してます。


エントリーされてみては?


リンクは張らないので探してみてね。



今日はこんなところ。




曲は京都の輝くインストバンド、Low-pass。


センスに満ち溢れてます。

emotinalでstory-tellingなサウンド。


こういった音楽が好みなんだな、と気づいたこのごろ。

reconstructという曲が、名曲。

ちなみに動画はそれが入っているアルバムフルです。


ぜひぜひご一聴を。


ではまた。



























関連記事
FC2 Management

Cut Three

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback

こんばんは。


広告がウザすぎるためとりあえず書きます。


つぶやきですが。


睡眠時間を削る、という行為の功罪を結構感じている今日この頃。


仕事の都合で夜遅く朝遅いのもありますが、そもそも自分の時間を確保するために睡眠時間を削ることが多い。


それ以上に仕事のために削ることが多い。



でも、時間て寝なければ意外とあるものだなと感じてしまうわけです。


そしておおむね3日目くらいに変調をきたします。


頭のCPUがものすごく処理落ちするのです。


睡眠と、食事は、健康には不可欠ですね。あと運動。



時間を有効活用するのに睡眠時間をトレードオフすることは別にいいのかなとは思いますが、パフォーマンスを極力維持するにはやはり削り方を考えるべきですね。



ということだけ。


ではまた。



関連記事

遊び心と冬の空

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback



もう独り言しか書かねーんじゃねーか。




そんな感じです。


ツイッターレベルで十分まかなえる発信量しかありませんが、でもツイッターを使う習慣がないです。




年の瀬ですよ。




皆さんいかがお過ごしですか?




ワールドカップの組み合わせ決まって、今から楽しみでしょうがないです。




でも今日書くのはサッカー全然関係ない。


最近のお勧め、宇宙コンビニ。


http://www.uchuconbini.com/









またすげーのが出てきたもんだと。



Facebookでは一度書きましたが、若干20~21にしてこのセンスと技術。


何度聞いても節回しと拍がわからない。


でも病み付きになるメロディと構成。


「こんな音楽がやりたい」と思ううちのひとつです。


そのメロディは幻想的で、ひたすらに広がりを見せる中できっちりストーリーを紡いでいく。

まさしく機織の如く繊細に、色鮮やかに、肌理細やかに。

超絶ヘビロテ状態です。

冬の、それも夜に聞いたときに、未だ見ぬ世界を信じてみたくなると同時にひどく懐かしいものがとても新しいものにも思える不思議な感覚になります。

3ピースってのがいいね。

京都発ってのもすばらしい。

ベースの子がかわいいのもすばらしい。



ということでぜひご一聴を。


ではまた。








関連記事

the mother we share

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback

まーた広告出てしまった。







故に適当に書きます。




直近の変化は、そうですね、






仕事のステージがちょっと変りました。






非常にきつくなりました。





ただ前に進めた時にすごく楽しく感じるんだけれど。





キャリアとか、何がやりたいとかをそこまできっちり描いていなかったけど、それを考えることはなかなかに楽しいことであることに気付きました。







もう25歳か。



当然まだまだ若いんだけれど、でも、残された時間のうち「まだ若い」と思える時間はそう遠くない未来なくなることを考えると、焦りではないけれど、もっともっとやれることがあるんじゃないかと思えてくる。




あー、これが大人になると時間をどう使うか気にするようになるということなんだなぁと。






あ、この前ライブしました。




初めて内輪っぽい空気でライブをやれて、盛り上がってるところでの演奏となりました。



めっちゃ楽しいですね。




引き続き。いきたいと思います。





さて、広告消すために書いているからそんなに中身ないです。



なので曲。



KANA-BOONで1,2、step to youという曲です。



スマッシュヒットとなった「ないものねだり」をベースに未来を描いた曲ですね。



わかりやすい青さに、ポップでダンサブルなメロディとビート。


Radやアジカン同様、実力を兼ね備えてかつお茶の間にまで届きうるポップネスは持っておりますね。


とりあえずご一聴を。



ではまた。













関連記事

京極通りで清教徒革命

Posted by ごどはんど on   0 comments   0 trackback

皆様



おこんばんは。





おひさ。







久々だよ。






書くことは、近況報告だよ。





いろいろと過ぎまして





期も終わり




社会人になって1年半以上。





あっという間。




バンドもちょろちょろとやっています。



10/26にライブやります。



ストレイテナーのコピーがメインですが。



来られる方ぜひ。






誕生日を迎えました。


金曜日に夏休みを頂き、四連休。


初の広島旅行に行ってまいりました。



波乱はすでに旅の始まりから。





仕事が終わらないんですよ。




朝6時まで仕事しました。久々の完徹です。


家に帰り、準備をして、7:20くらいに家を出て、東京駅へ向かい、新幹線に乗り


一路、広島へ。



もう朝っぱらからビール飲んでやりました。うまかったー。


一日目は宮島へ。



広島市内から30分ほど電車に乗り、そこからフェリーで宮島へ。



久々に船乗りました。台風過ぎ去ったばかりで、非常に気持ちのいい秋晴れ。



宮島は厳島神社、大鳥居が見えてきます。



なかなか迫力がありますね。



いったんホテルに荷物を置かせてもらい、宮島観光。


広島での目的のひとつはやはり食事、特に牡蠣なわけですが、時期的にはちょうど解禁くらいのタイミングのため生牡蠣は食べられず。


かつ、今年は暑い日がまだ続いているのでタイミング的にもあまりよろしくなかったです。


とはいえ、焼き牡蠣は大量に。

ひたすら焼き牡蠣を食べ歩きながら厳島神社や宮島島内の商店街をぐるり。


名産が多く、そしてなぜか鹿も多い。



鳥居の存在感はなかなかのものがございました。


海に浮いている姿が美しいね。特に夜のライトアップは、満月の夜にライトなしで(矛盾)見てみたいですね。


IMAG0383.jpg


IMAG0404.jpg



潮の満ち引きで、足元までいけたりもします。



夕飯も、地元の名産を大量にいただきました。




IMAG0401.jpg


誕生日も祝っていただいたり。





あ、25歳になりました。




愚鈍な僕ですが、引き続き何卒。





2日目、宮島を後にして、市内に。




IMAG0411.jpg


定番です。


この後平和記念資料館へ。


外国人の多さに、ある意味感動を覚えます。非常にいいことなのだろうなぁ。



ショッキングなのをわかっていつつ、誕生日にあんなところに赴くのもぼくらしいと思います。




そしてその日、偶然にも西条という町で「酒祭り」なるストレートなふぇすてぃばるがあることを発見。



夜はそちらへ赴くことに。



これがなかなかどうして、大きな祭りでした。メインエリアが二つ、お酒のエリアと、通常の祭りエリアです。


未成年でも町全体で楽しめるようにと配慮がなされていて素敵でした。


駅からメインエリアまでもいろいろな屋台が出ていて、町全体がお祭りでした。


写真はないんですが、メインのお酒エリアは非常に楽しかったです。


入場料2000円、全国の日本酒銘柄が約1000種集まり、入り口でもらったお猪口で試飲しまくれるという最高のイベント。

実質2000円での日本酒飲み放題1000種類。

案の定朝から飲んでいるおっさんや、大学生・留学生のドンちゃん騒ぎの場と化していましたが、最高に楽しかったです。


いつかまた行きます。皆さん行きましょう。


そして最終日。幻想と郷愁の街、尾道へ。


IMAG0491.jpg

IMAG0464.jpg

IMAG0514.jpg

IMAG0515.jpg

IMAG0482.jpg

IMAG0452.jpg

IMAG0449.jpg

IMAG0463.jpg

IMAG0460.jpg

IMAG0453.jpg

IMAG0424.jpg

IMAG0416.jpg

IMAG0446.jpg

IMAG0443.jpg

IMAG0440.jpg

時系列ばらばらで雑多ですが、非常に情緒あふれる街でした。


山と海、その先の島に挟まれ、水路と坂道にあふれた港町である尾道には、「記憶にない記憶」がたくさん眠っていました。

いずれ移住したい、そう思うくらい、素敵な街でした。

坂道、猫、水路、島、自然、寺、神社、商店街。

なんだかいろいろ、失くしたものと時間が、そこにあるような感覚。


言葉では表しきれませんが、ただただ素敵でした。


そして商店街に下りてもドキドキはとまらない。


IMAG0505.jpg

IMAG0508.jpg

IMAG0509.jpg


珈琲屋とか、カフェとか。



ここには乗っていないですが、尾道帆布という帆に使う布の伝統工芸のお店が尾道にはいくつかあり、そこで非常に素敵なトートを見つけました。リュックも捨てがたかったのですが、ここはトートを買いました。


ここ最近で一番お気に入りのお買い物となりました。


最後まで尾道をぶらぶらし、お土産を漁りながら、街を楽しんで帰途に着きました。




人生最高の旅行のひとつになりました。




本当に支えられて生きているなぁと実感しております。

感動ものの休日でした。




いずれは、尾道に住みたい。



日本なら京都か尾道。今のところ。



すべてに、特に「地球の狂った日」には感謝します。


つながりは大切だね。




ということで今日の曲。



水曜日のカンパネラ。




「マリー・アントワネット」



なんでしょう、形容する言葉があまりないのですが。



電子系、エレクトロミュージックから、独特の歌詞と節回しで狂気に引きずり込むオリジナリティあふれる音楽です。

こむあいちゃんかわいい。


言語感覚がいい感じ。


下北発。


前から好きだったんですが、タワレコでのプッシュが始まったので、この機会に。


大プッシュ。


ではまた。







関連記事